スポンサーリンク

コンサートやスポーツの入場券を高額での転売を規制する新たな法案が12/4衆院本会議で全会一致で可決され、衆院を通過しました。

と同時に今日12時から発売されたJ1参入プレーオフでジュビロ磐田からの声明が下記のようにありました。

12月8日(土)にヤマハスタジアムで開催されるJ1参入プレーオフ決定戦のチケットがインターネットの多数のサイトで高額で転売されていることを確認しております。

営利を目的とした転売は絶対にお止めください。

なお、現在ジュビロでは、チケットを転売できるサイト上で営利目的の転売とクラブが判断し、転売者が特定できた場合は、弊社顧問弁護士と相談の上、個別にメール、電話、郵送による通知を行い、悪質と判断した場合は会員資格剥奪等の対応をしております。

また、営利を目的とした転売されているチケット売買の結果、法令違反に問われる可能性もございます。

場合によっては売り手も買い手も処罰される場合がございます。

皆様方には営利を目的とした転売されているチケットをご購入されないよう、そして、選手の後押しとなる熱き応援をスタジアムで行いたいと想っているファン・サポーターの皆様のお手元にチケットが届きますよう、お願い申し上げます。

転売屋が販売枚数の半分以上を買い占め5倍以上の価格で売るのは健全ではないです。

12/5 追記

Yahoo!ニュース
 
転売に応援自粛…東京Vと磐田が参入POへ異例声明(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00411606-nksports-socc
J2東京ヴェルディは5日、J1ジュビロ磐田と対戦するJ1参入プレーオフ決定戦(8日=ヤマ - Yahoo!ニュース(日刊スポーツ)
スポンサーリンク
おすすめの記事