スポンサーリンク

本日仕事帰りの電車でスマホいじっていたらこんな記事を見つけました。

JR東日本が2018年12月17日(月)から翌年2月1日(金)まで、東京駅で「エスカレーター歩行対策」を試行しています。期間中は、中央線ホームに通じるエスカレーター2基と、京葉線ホームに通じるエスカレーター4基の手すりや乗降口に、「手すりにつかまりましょう」などといった内容を、文字と絵で表した掲示物が貼られます。壁面には「エスカレーターでは歩かないでください」「お急ぎの場合は階段をご利用ください」「左右2列でご利用ください」といった大型掲示物も。くわえて12月21日(金)までの5日間は、特製のビブスを着用した警備員が、利用者への声掛けも行っています。

いつからエスカレーターの右側や左側を歩くようになったのでしょう。
歩いていた人は昔からいるかもですが、どちらかを空けるのがルールって自然発生的な物でしたっけ?
でもこれなかなか歩かないでくださいというのは厳しいですよね。
こんだけみんなが慣れてしまったら、歩かなくなるようなマナーになるまでどれ位の期間が必要なんでしょうか。
物理的に歩けないように、一人乗りを作るとかしないとスペースがあれば歩きますよね。
東京の場合、右側にポツンと立っていると舌打ちしたり、後ろから迫ってくる人もいるとか。
車のあおり運転と似た感覚なんでしょうか。。
何故人は山に登るのか?そこに山があるからみたいな理屈ですよね。

「わけあってこちら側で止まっています」と書かれたキーホルダーも作成。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催までに、東京におけるエスカレーターの「片側空け」をなくすことを目標に掲げています。

オリンピック用??
それもどうかと思うし、オリンピック、パラリンピック開催までに片側空けをなくすって。。大丈夫?
でも事故が実際起きているわけですから、そういう取り組みは良いと思いますが。
そのうちエスカレーターにカメラとかついて、歩いた人も誰か分かるようになって、違反したら罰金取られる時代が来るかもしれません。
そんなことするなら一人乗り作って欲しいですね。
スポンサーリンク
おすすめの記事